ガラス印刷時における印刷ヘッドの距離制御

ガラスやセラミックといった材料に印刷を行う場合、非常に細かい構造をキャリア材料に塗るため、印刷ヘッドのポジショニングも高精度でなければなりません。この距離測定にはマイクロエプシロンのレーザー三角測量センサ optoNCDT 1420 が使用されています。10 mm という測定範囲をもとに、印刷ヘッド内の様々な箇所でそれぞれ印刷を行いたい表面との距離を精確に検知し、検出したデータをもとにエッジと表面傾斜が決定されるので、印刷ヘッドを精確にポジショニングすることが可能です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258