風力発電プラント内でのドライブトレーン振動測定

ドライブトレーン内の振動(ローターのアンバランス、過負荷)は、限度値を超過するとコンポーネントやプラント部品の機能不全につながる場合があります。損傷の早期発見や予知保全を行うための前提条件となるのが、ローター軸受け、ギアボックス(転がり軸受、歯車)、ジェネレータでの安全かつ正確な振動測定です。振動計測システムには、極めて高精度かつ温度安定性の高いマイクロエプシロン製加速度センサが使用されています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258