タワーの振動モニタリング

風力発電プラントは常に振動や衝撃荷重にさらされているため、損傷や高額となるプラント停止期間を回避するには、タワーの振動監視が必要です。限度値を超過すると、プラントの電源が安全にオフになります。負荷履歴をもとにプラントの寿命予測もできますが、その前提条件となるのが確実かつ正確な負荷検知です。マイクロエプシロンの傾斜・加速度センサはタワーの振動を極めて高い精度で検知し、たとえ温度変動が激しくても、その傑出した温度安定性により信頼性の高い測定結果を得ることができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258