基礎の動きの測定

複数のレーザー三角測量センサで基礎への距離を測定し、タワーの動きを検知します。測定レートが高いため振動も即座に検知し、センサの数によっては振動挙動について詳細な評価を行うこともできます。タワーの動きが激しい場合は、考えられる損傷を防ぐため回転によりローターブレードへの風の影響を減少させます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258