風力発電プラントでのベアリングギャップ測定

これまではベアリングギャップの測定はプラントの停止中に実際に触れることでしか行えなかったため、点検インターバルを長期にすることが多くありましたが、そのせいでプラントの故障リスクも高まっていました。さらに、測定や点検を行うための計画的なプラント停止では多額の追加コストが発生します。マイクロエプシロンはプラント運転中に測定値を捉えることにより、確実かつ経済的なリアルタイム分析を可能にしました。

ここで使用するのは渦電流ベースによるインダクティブ測定システム eddy-NCDT 3005 です。測定範囲が最大 6 mm のセンサで構成されており、1 m のケーブルを介してエレクトロニクスに接続されています。センサの両面が油密構造なのでこのような用途に非常に適しており、ベアリング内での代表的な油圧 1~2 bar であっても使用することができます。システムは風力発電プラントの保守インターバルの分析や最適化に役立ち、さらに、テストベンチで得られたデータを設計期間中に考慮に入れることで、新しいコンポーネントの仕様決定に用いることができます。テストベンチで使えるだけでなく、状態モニタリングとして連続生産に統合することも可能です。連続生産への投入は、プラントの組み立てやセットアップの段階から正しい配置や精確な調節が行えるため、大きな利点をもたらします。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258