テストベンチでのローター負荷テスト

風力発電プラントのブレードの負荷テスト向けに、風や天候による実際の負荷シミュレーションができるテストベンチが開発されました。機械的な負荷がかかると回転翼の先が最大 10 m まで歪む場合があり、この歪みを測定するためテストベンチで複数のワイヤセンサが使用されます。それぞれの牽引ポイントで2つのセンサがブレードの歪みとねじれを測定し、ワイヤセンサはこの測定タスクにおいて3~10 mの測定範囲で作動します。アウトプットされたデジタル信号はそのまますぐ他のシミュレーションに使用されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258