熱伝導グリス塗布の測定

熱伝導グリスの塗布が完全オートメーションで実施される場合、塗布量が正しいかどうかは機能にとって決定的な要素です。熱伝導グリスが多すぎれば熱抵抗を損ない、少なすぎれば熱過負荷につながるため、塗布量の高さをレーザー三角測量センサで検知します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258