プリント基板のラッカー厚み測定

プリント基板を湿度などの環境影響から保護するために、プリント基板はクリアラッカー保護層で覆われます。
これによって、支障のない機能が確保されます。
特に自動車産業では、この保護層の厚みを最小限に抑えることが求められます。
これまで、測定対象物を破壊せずに正確に測定することは不可能でした。マイクロエプシロン社の共焦点式センサは、この測定タスクを非接触かつ非破壊方式で解決します。このセンサは厚み値をリアルタイムで提供します。
測定範囲が1 mmのconfocalDT IFS 2405シリーズの共焦点式センサが使用されます。このセンサは、わずか8 µmの極小の測定光点と薄層測定時の優れた精度を特徴としています。測定は、共焦点コントローラ confocalDT IFC2461によって1 kHzの測定レートで直接かつ迅速に行われます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258