電子部品の存在チェック

プリント回路基板上での完全オートメーションによる存在チェックにはレーザー三角測量センサが使用されます。光点が小さいのでささいな細部でも確実に検知することができ、その高い測定レートにより点検にかかるサイクル時間も非常に短くなっています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258