アルミダイカストのギャップ測定

アルミダイカストでは、溶解したアルミニウムが高圧かつ高速で金型内に充填されますが、閉まった金型に高圧がかかり金型が押し離されることにより、砕片やバリが発生する場合があります。圧力による金型の動きを測定するため、渦電流センサが間隔の変化を検知します。非常に堅固なセンサなので、高温や高い周囲圧力下、また汚れた測定ギャップであっても信頼のおける測定を実現しています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258