ロボット位置決めのための距離測定

スムーズに設置するには、AピラーとBピラー間のコックピットを車内へ案内すべきロボットを介して行うのが唯一の手段です。車体が停止しなければならない正確な位置は、マイクロエプシロン社のoptoNCDT ILR1030-8/LC1シリーズの飛行時間型レーザセンサが突き止めます。これらの距離センサは応答時間が短いため、これらの用途や同じような用途に特に適しています。センサは、コックピット設置用組立ロボットがある組立ラインの同じ側に位置しています。車両のAピラーおよびBピラーの高さと約600~700 mmの距離で100 Hzで測定されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258