製造ラインにおける車体ボディの位置検知

ボディシェルから車ができあがる前に、ボディシェルはその製造過程で完全オートメーションによる処理が施されていく数多くのステーションを通過します。処理ロボットがボディの正確な位置を検知できるように、複数のレーザー三角測量センサがボディへの距離を測定し、位置データをロボット制御に伝達します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258