バーの寸法点検

optoNCDT シリーズのレーザー変位センサは、自動化された木材加工プロセスにおいてさまざまな測定タスクに使用され、生産時に加工可能な木材量を増やしたり、品質基準や高いプロセス安全性の保証、磨耗の削減、加工ツールの損傷保護を行うのに役立っています。
プレート、板またはバーの厚さ・幅測定には2つの optoNCDT レーザーセンサを使用します。センサ同士が互いに同期して測定データを算出し、例えば信号算出により板の厚さとバーの直径を出力することができます。センサをさらに取り付けることでその配置情報が補われれば、同期された測定により寸法点検だけでなくねじれ点検も可能です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258