ワークの自動加工

scanCONTROLタイプのマイクロエプシロンレーザースキャナは、その高精度さ、コンパクトなフォームファクタ、汎用的なアプリケーションオプションにより、機械の統合や自動化に適しています。部品形状を捉える高性能レーザープロファイルスキャナだけでなく、対応の評価ソフトウェアも一緒に使用されています。ドルトムントに本社を置くBCT GmbHがこの使用方法を実現するOpenSCANソフトウェアソリューションを開発し、マイクロエプシロンの3Dスキャナと組み合わせることで、機械内でのワークピースのデジタル化を可能にしました。デジタル化を行うことで、ワークピースの位置と形状が加工機械の中で直接検出されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258