小部品の存在検知

アセンブリプロセスでは、次に入ってくる部品をマイクロエプシロンによる光ファイバーセンサで点検します。存在検知がSMT部品の欠落を検出することにより、完全オートメーションシステムでのスムーズなアセンブリプロセスが行え、高速応答性と高いスイッチング周波数が組み合わさることで、最高速度のプロセスであっても監視が可能です。optoCONTROL CLSK のプローブヘッドはフォームファクタが柔軟なので、狭小なスペース内に統合することもできます。さらに、ガラス繊維光ファイバの構造が非常に頑丈であるため、困難な環境下への投入にも適しています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258