航空宇宙産業 | Micro-Epsilon

航空宇宙産業

非接触でのリベット穴点検

飛行機製造の場では通常、何十万ものリベットが使用され、完全オートメーションの機械がリベット穴とリベットを正確に合わせます。マイクロエプシロンによる光学検査システムは、非接触でリベット穴の内径を点検します。

Show details

ブレーキ温度の測定

飛行機が発進するには、ブレーキ内の温度が一定のリミットを下回っていなければなりません。降着装置に取り付けられたマイクロエプシロン製非接触温度センサが、ブレーキ温度の測定を行います。

Show details

ドアロックの検知

飛行機が発進する前にドアにセントラルロックを施しますが、ロックステータスの検出にマイクロエプシロンのインダクティブ変位センサが使用されています。このセンサは最終位置をドアロックの箇所で直接検知します。

Show details

翼端ブレーキの確実な位置検知

外翼があるエリアのシャフト上に、翼端ブレーキと呼ばれる部分があります。この翼端ブレーキとはスラット(前翼)とフラップ(下げ翼)の拡張が不均一になるのを防ぐ一方、外部からの影響により高揚力装置が意図しない動きをするのを防止します。マイクロエプシロンのインダクティブ変位センサはブレーキシューの位置を正確に捉えます。

Show details

翼面の負荷テスト

飛行中での翼面動作を最適化できるように、すでに設計の段階で翼面の振動検査が実施されます。wireSENSOR シリーズのワイヤセンサを翼面に接続し、同期しながら測定値を取ることにより、垂直方向における翼面形状のあらゆる変化をトラックすることが可能です。

Show details

Sankyo International Corp.
No. 9-14, Nihonbashi-Yokoyamacho,
Chuo-Ku, Tokyo 103-0003 Japan
sales@sankyointernational.co.jp
+81 3 3662 8100
+81 3 3662 8050