IF1032/ETHインターフェースモジュール

IF1032/ETHインターフェースモジュールによって、Webインターフェース搭載の実証済み操作コンセプトをアナログインターフェース搭載センサでも使用することができます。Ethernetインターフェース経由で、測定データをPCに簡単に表示することができます。さらに、センサはEtherCATバスにも接続できます。RS485インターフェースの搭載によって、マイクロエプシロン社独自のRS485プロトコルを使用している新しいセンサを接続することができます。

インターフェース

  • Ethernet / EtherCAT
  • RS485 x 1(マイクロエプシロン社内部のプロトコル)
  • アナログ入力 x 2(14 Bit、最大4 ksps)、電圧用
  • アナログ入力 x 1(14 Bit、最大4 ksps)、電流用
  • 供給電圧用入力
  • トリガー入力
  • EtherCAT同期出力
  • センサの電源用出力

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258