全自動レーザー溶接のための距離制御

全自動溶接システムでは、溶接ヘッドの位置が溶接継手の品質を左右します。optoNCDT 1900シリーズのレーザーセンサは、溶接ヘッドを適切な距離に配置するために使用されます。2方向で鋼板までの距離を測定するこのセンサは、これまでその高精度さとダイナミクスで高い評価を得ています。溶接ヘッドのポジショニングは距離値を介して行われます。optoNCDT 1900レーザセンサは環境光に対してクラス最高の耐性を備えているため、溶接オートメーションでの測定タスクに最適です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258