メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

金属ストリップの厚さと幅を測定するためのシステム

thicknessCONTROL MWS 8201.LLTは、3つのレーザーラインセンサを搭載したOフレームシステムで、厚みと幅の測定が組み合わさっています。センサは上のベルトに2つ、下のベルトに1つそれぞれ内蔵されており、センサがトラバースしながら厚みのプロファイルを連続的に測定する一方、幅は上のベルトの両センサがそれぞれエッジに位置した時に測定されます。このシステムアーキテクチャは各リングの厚さと幅を連続的に監視して記録できるため、スリッターラインの監視やプロセスの最適化に適しています。3台目のレーザースキャナは、厚さ測定用の2台のスキャナとは独立して移動し、スリッターラインの個々のリングの幅を正確に記録することができます。

Mess- und Inspektionssysteme für Metall