長距離レーザーセンサ

ロングレンジセンサ|大きいベース距離|小さい測定範囲
optoNCDT 1710/1750/2310
ロングレンジセンサ
大きいベース距離
小さい測定範囲

測定時に大きな範囲をカバーする必要があったり、遠く離れている対象物を測定しなければならない場合があります。そういったケースに対応するため、マイクロエプシロン社は長距離でも高い精度の長距離レーザーセンサを設計しました。

Klapper_optoNCDT-1750-LR_500x250

レーザーセンサoptoNCDT 1750には500mmと750mmの測定範囲があり、革新的な評価アルゴリズムにより最高の精度とダイナミクスを実現しています。このセンサにはリアルタイム表面補正機能が備わっており、露光中にターゲットの反射率を検出しう、これをリアルタイムで制御するので、変化する表面の測定を確実に行うことができます。

また汎用的に選択できる設定と評価オプションにより、ハイダイナミックな産業用アプリケーションで使用するためのあらゆる要件も満たしています。

特徴
  • 測定範囲(mm)500 | 750
  • 直線性 最大 350 µm
  • 7.5 kHz までの設定可能な測定レート
  • アナログ出力とデジタル出力
  • エレクトロニクス内蔵のコンパクトな構造
  • 変化する表面へのリアルタイム補正(RTSC)
  • ウェブインターフェースでの定義済みプリセット、お客さまごとの設定も可能
Klapper_optoNCDT-1710-2300-LR_500x250

長距離レーザーセンサoptoNCDT 1710および2310は長い測定距離が要求される測定場面のために設計されています。測定範囲は小さいので、距離が離れていても極めて精密な測定を行うことができます。

特徴
  • optoNCDT 1710の測定範囲(mm)50
  • optoNCDT 2310の測定範囲(mm)10 | 20 | 40 | 50
  • 直線性 最大3 µm
  • 分解能0.5 µm
  • 小さい測定範囲で長いオフセット距離
  • 高い測定レートと分解能
  • 変化する表面に適応
  • 高温の表面あるいは可動部品までの十分な距離

Micro-Epsilon Japan K.K.
10F Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
info@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258