長距離レーザーセンサ

optoNCDT 1710/2310

測定時に大きな範囲をカバーする必要があったり、遠く離れている対象物を測定しなければならない場合があります。そういったケースに対応するため、マイクロエプシロン社は長距離でも高い精度の長距離レーザーセンサを設計しました。

Klapper_optoNCDT-1710-1000-LR_500x250

レーザーセンサoptoNCDT 1710-1000では最大1,000 mmの測定範囲が実現されています。測定範囲はセンサと1 mの距離から始まるので、センサと最大2 mまでの距離で測定が可能です。動作範囲が大きめの対象物であっても確実に捉えます。

以下のようなケースで使用されます:

  • 厳しい環境
  • 大きなコンポーネント
  • 真空内にある測定対象物
  • 高温
  • 測定対象物までの安全距離が必要な場合
特徴
  • 測定範囲(mm)1,000
  • 直線性+/- 1mm
  • 分解能100 µm
  • 高温または衝突の危険がある場合での長距離からの測定
  • 2.5 kHzまでの設定可能な測定レート
  • アナログ出力とデジタル出力
  • コントローラ内蔵でコンパクト
  • 変化する表面へのリアルタイム補正(RTSC)
  • 自由なプログラミングが可能なリミットスイッチ
Klapper_optoNCDT-1710-2300-LR_500x250

長距離レーザーセンサoptoNCDT 1710および2310は長い測定距離が要求される測定場面のために設計されています。測定範囲は小さいので、距離が離れていても極めて精密な測定を行うことができます。

特徴
  • optoNCDT 1710の測定範囲(mm)50
  • optoNCDT 2310の測定範囲(mm)10 | 20 | 40 | 50
  • 直線性 最大3 µm
  • 分解能0.5 µm
  • 小さい測定範囲で長いオフセット距離
  • 高い測定レートと分解能
  • 変化する表面に適応
  • 高温の表面あるいは可動部品までの十分な距離

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258