ナノメートル精度の絶対距離測定のための白色光干渉計

Absolute distance measurements with maximum precision
interferoMETER IMS5400-DS
Absolute distance measurements with maximum precision
New:

新しい白色光干渉計 IMS5400-DSは、工業分野における距離測定に新たな視点を切り開きます。このコントローラにはインテリジェントな評価機能が搭載されており、比較的長いオフセット距離でナノメートル精度の絶対測定を行うことができます。そのため、IMS5400-DSは、他の絶対測定光学システムと比較して、精度、測定範囲、オフセット距離から成る比類ない組み合わせを提供しています。

特徴
  • ナノメートル精度の距離測定
  • 段付きプロファイルなどの測定に最適な絶対測定
  • オフセット距離が長く、コンパクトで堅固なセンサ
  • 高速測定に対応した最大6 kHzの測定レート
  • 受動冷却機能を備えた堅固なコントローラ
  • Webインターフェースを介した容易な設定

ナノメートル精度の分解能による絶対距離測定

IMS5400-DSは、高精度な変位・距離測定に使用されます。従来の干渉計とは異なり、IMS5400-DSは段付きプロファイルの安定した測定も可能です。絶対測定により、高い信号安定性と精度で段差のスキャンを行います。そのため、可動測定対象物を測定する際にヒール、段差、くぼみの高低差を確実に検知することができます。 

産業環境での使用に理想的

堅固なセンサと金属ハウジング内のコントローラは、生産ラインへの組込みシステムに最適です。コントローラはDINレールを取り付けて制御キャビネットに装着することができ、アクティブ温度補正機能とパッシブ冷却機能により、極めて安定した測定結果をもたらします。コンパクトなセンサは非常に省スペースで、限られた設置スペースにも組み込むことができます。柔軟性の高い光ファイバーケーブルは10mまでの長さがあり、センサとコントローラを空間的に離すことができます。セットアップとパラメータ化はWebインターフェースを介してスムーズに行うことができ、ソフトウェアのインストールは不要です。

極小の細部や構造を測定するための小さな光点

このセンサは、測定範囲全体に渡り小さな光点を形成することで測定を行います。光点の直径はわずか10 µmなので、半導体や小型電子機器部品の構造といった小さな細部も検知することができます。

様々な表面の測定

干渉測定法により様々な表面を測定することが可能なので、反射する金属、プラスチック、ガラス上で高精度な距離測定を行うことができます。

機械およびシステムに統合するための最先端インターフェース

コントローラには、Ethernet、EtherCAT、RS422といった統合インターフェースおよび追加のエンコーダ接続部、アナログ出力、同期入力、デジタルI/Oが搭載されています。そのため、干渉計をすべての制御システムと生産プログラムに組み込むことができます。 

Analog RS422 Ethernet Ethercat Profinet EthernetIP

Micro-Epsilon Japan K.K.
10F Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
info@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258