積層プラットフォームの配置調整とポジショニング

選択的レーザ焼結(SLS:Selective Laser Sintering)では、積層プラットフォームの高さを要求されたZ軸分解能と一致させるため、溶融サイクル後に積層プラットフォームが毎回定義値の分だけ降下します。 降下時に、積層プラットフォームの配置がプリントヘッドに対して平行になるように、動きを渦電流ベースのインダクティブセンサで監視します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258