ニュース

誠に勝手ながら、2020年8月8日(土)~ 2020年8月16日(日)までの間、 当社は休業させていただきます。 この間にいただいた弊社商品に関するお問い合わせは、2020年8月17日(月) より順次対応させていただきます。   ご不便をおかけいたしますが、ご了承の程お願い申し上げます。

続きを読む

レーザセンサ optoNCDT 1900は、オートメーション化プロセスのための変位・距離測定ソリューションです。このセンサは、最高の性能と幅広い機能および斬新な取付けコンセプトを兼ね備えています。画期的なアドバンストサーフェス補正により、このセンサは変化する表面に確実に適応し、優れた耐周囲光性と同時に精確な測定結果を提供します。

続きを読む

熱探知カメラ thermoIMAGER TIM QVGA-HD-T100は、個人や人々の集団の体温を素早く確実に自動検知します。このカメラは、例えば訪問者入口や従業員専用入口、また駅や空港といった公共施設のセキュリティゲートで使用されます。

続きを読む

マイクロエプシロン社の白色光干渉計は工業環境に適応されており、光学距離・厚み測定において新たな精度レベルを提供します。これらの干渉計は絶対測定値を提供するため、段付きプロファイルも最高の安定性で測定できます。次の3種類のバリエーションをご用意しています:高精度な工業用距離測定用、精確な厚さ測定用、サブナノメートル精度の距離測定のための真空環境に適した高精度モデル。

続きを読む

変位センサおよびゲージ用の新しい誘導式コントローラは、多目的で堅固です。MSC7x02コントローラシリーズは、LVDT / LDRシリーズのセンサと組み合わせて、機械製造およびオートメーション化における変位測定やジオメトリ検査用の多種多様な用途に使用することができます。これらのコントローラは、優れた対費用効果により、小・中規模の注文や大量注文での使用に適しています。

続きを読む

静電容量式変位センサは、特に導電測定対象物のあらゆる変位・位置変化を特定します。マイクロエプシロン社は、capaNCDTシリーズの画期的なセンサの開発時に長年にわたるノウハウを活用しています。そのおかげで、かつては清潔な環境でのみ使用できたこれらのセンサは、工業分野の測定タスクに対応して信頼できる代替機器へ発展しました。

続きを読む

scanCONTROL 30xxシリーズの高性能レーザプロファイルスキャナには、最新のテクノロジー、最高の性能、多種多様な用途が統合されています。これらのスキャナはオートメーション化、製造・プロセスモニタリング、品質管理において測定が困難な表面も高いダイナミクスで測定タスクを解決します。統合のためにEthernet、Ethernet/IP、EtherCAT、PROFINETといった様々なインターフェースをご利用になれます。

続きを読む

共焦点式センサは様々な表面の精確な距離を突き止め、透明材料の厚みを高精度で測定します。マイクロエプシロン社は、新しい応用分野を切り開く2種類の新しいセンサをポートフォリオに加えました。傾斜角が大きいconfocalDT IFS2407-3は、曲面のために専用設計されています。IFS2404/90-2は、特に連続生産での狭い設置スペース用に設計されています。90°のレンズのおかげで、機械およびシステムに省スペースで設置することができます。

続きを読む

平素は当サイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。このたび、弊社はドイツ『OPTOCRAFT社製品』の総代理店としてサポートさせて頂くことになりました。今後、OPTOCRAFT社製品に係るお引き合い、ご注文、納品、保守サービスならびに技術サポートにつきましては、弊社が責任をもって対応させて頂きます。今後ともご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 総代理店業務開始日:2020年6月15日

続きを読む

プレス&ブロー技法によるガラス瓶製造時では、スムーズな製造プロセスを行うのにゴブの重量が決定的な意味を持ちます。特に、激しい振動がある過酷な環境条件は測定技術にとって大きな課題です。この課題に対してマイクロエプシロンは、ドイツのエッセン市にあり IS マシン製造を行う GPS 社と共同で、長距離変位センサ induSENSOR EDS の特殊仕様タイプを開発しました。

続きを読む

三角測量式レーザー変位センサ optoNCDT 1420 に測定範囲が 500 mm のタイプが登場し、非常に広い測定範囲と同時に、高い測定精度を実現した世界最小のレーザーセンサがお求めいただけるようになりました。このスマートなレーザーセンサは、主にロジスティクスや倉庫オートメーション、またはロボット工学といった分野で使用されます。

続きを読む

青色レーザーダイオードは、赤色レーザーに代わり波長が 405 nm である青紫色のレーザー光線を生成します。青色レーザーではレーザー光がより強くフォーカスされるため、レーザー光線がさらにシャープな点を生じさせ、それによりこれまで以上の精確さが実現されます。赤色レーザーダイオード搭載センサに比べ、マイクロエプシロンが特許を取得した青色レーザー技術は、数多くの測定タスクにおいて決定的な利点をもたらします。

続きを読む

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258