ニュース

青色レーザー光で作動する新しいレーザーセンサ optoNCDT 2300-2DR は、直接反射を使用した変位・距離測定用に特化して設計されました。鏡面または光沢のある表面上で高速で作動し、同時にナノメートルレベルで最高精度を発揮します。エレクトロニクス全体が小型ハウジングに統合された、このセンサクラスの中で直接反射する表面に使用される唯一のセンサです。

続きを読む

三角測量式レーザー変位センサ optoNCDT 1420 に測定範囲が 500 mm のタイプが登場し、非常に広い測定範囲と同時に、高い測定精度を実現した世界最小のレーザーセンサがお求めいただけるようになりました。このスマートなレーザーセンサは、主にロジスティクスや倉庫オートメーション、またはロボット工学といった分野で使用されます。

続きを読む

プレス&ブロー技法によるガラス瓶製造時では、スムーズな製造プロセスを行うのにゴブの重量が決定的な意味を持ちます。特に、激しい振動がある過酷な環境条件は測定技術にとって大きな課題です。この課題に対してマイクロエプシロンは、ドイツのエッセン市にあり IS マシン製造を行う GPS 社と共同で、長距離変位センサ induSENSOR EDS の特殊仕様タイプを開発しました。

続きを読む

青色レーザーダイオードは、赤色レーザーに代わり波長が 405 nm である青紫色のレーザー光線を生成します。青色レーザーではレーザー光がより強くフォーカスされるため、レーザー光線がさらにシャープな点を生じさせ、それによりこれまで以上の精確さが実現されます。赤色レーザーダイオード搭載センサに比べ、マイクロエプシロンが特許を取得した青色レーザー技術は、数多くの測定タスクにおいて決定的な利点をもたらします。

続きを読む

様々な測定表面における高精度な距離・厚さ測定において、コントローラ confocalDT 2421 および 2422 が新しい可能性を開きます。1 台のコントローラに 2 つの共焦点センサがを接続できる 2 チャネルタイプが新しく登場し、特に連続生産での使用にとっては、優れた対費用効果と同時に高い測定精度が利点となっています。

続きを読む

capaNCDT 6112 シリーズの静電容量式測定システムは、変位、距離および位置の動的測定を行うために設計されました。最大 20 kHz までの高い帯域幅だけでなく、同時に優れた対費用効果も叶えた小型かつ高パフォーマンスなコントローラも capaNCDT 6112 シリーズの魅力です。お客様ごとの使用ケースに合わせて、コントローラまたはセンサを適合させることもできます。

続きを読む

プレス&ブロー技法によるガラス瓶製造時では、スムーズな製造プロセスを行うのにゴブの重量が決定的な意味を持ちます。特に、激しい振動がある過酷な環境条件は測定技術にとって大きな課題です。この課題に対してマイクロエプシロンは、ドイツのエッセン市にあり IS マシン製造を行う GPS 社と共同で、長距離変位センサ induSENSOR EDS の特殊仕様タイプを開発しました。

続きを読む

"従来の測定システムでは、過酷な環境下で精度の高い測定結果を出そうとすると、技術的な限界にぶつかることが何度もあります。eddyNCDT 3005 はそういった分野に特化して設計されており、圧力や汚れ、油または温度変動が測定精度に影響しません。 "

続きを読む
  • 1
お問い合わせ
SENTEC Co. Ltd

+81 6 6304 8858

お問い合わせ

Sankyo International Corp.

+81 3 3662 8100

お問い合わせ

Sankyo International Corp.
No. 9-14, Nihonbashi-Yokoyamacho,
Chuo-Ku, Tokyo 103-0003 Japan
sales@sankyointernational.co.jp
+81 3 3662 8100
+81 3 3662 8050