センサ

CFS sensor with integrated glass fiber optics
colorSENSOR CFS
CFS sensor with integrated glass fiber optics

colorSENSOR CFOコントローラの動作には、測定点で使用するセンサが必要です。センサは測定タスクに応じて個別に組み立てることができます。
ガラス繊維による光ファイバーを採用した高品質センサなので、必要な設置面積も小さく、素材も極めて頑丈であることから機械的ストレスや高温などの劣悪な環境条件に特に適しています。センサヘッドはわずかなスペースで足りるので、狭い場所でも使用することができます。

Klapper_colorSENSOR_CFS1

CFS1の角度付き照明は、測定対象物の表面に影響を与えることなく正確な照明を行うので、表面の色のうちの拡散反射した部分のみを検出します。直接反射(表面の光沢)は測定に影響しないため、高光沢面や拡散反射する表面に最適な測定配置となっています。

特徴
  • ソリッドカラー、反射防止コーティング、クロームカラー用
  • 高光沢表面や光沢なしの拡散反射用
  • 最大作動距離 125 mm(反射面がある場合)
  • 検知ポイントの高精度な位置決め
Klapper_colorSENSOR_CFS2

マイクロエプシロンのリング照明は、CFOコントローラーの性能と組み合わせた均一な照射を行うことで、これまで以上の高精度さを実現しています。このコンパクトな組み合わせは、汎用的に使用できるだけでなく、特殊なソリューション(カスタマイズ適応)にも適しています。照明が均一なので、特に高度な構造を持つ表面やメタリックな光沢のある表面でのメリットが非常に大きく、白のトーンなどのカラー識別で最高の精度を発揮します。

特徴
  • テキスタイル、紙、メタリック塗料、砂、顆粒、マスターバッチ用
  • 構造表面や金属効果表面用
  • 均一な測定点照明
  • 最大作動距離 100 mm(反射面がある場合)
  • 検知ポイントの高精度な位置決め
Klapper_colorSENSOR_CFS3

透過率センサはフィルターやフィルム、光学レンズなどの透明・半透明の製品の測定に使用できます。透過光で180°:0°の測定配置により、CFOコントローラの性能と組み合わせてこれまで以上の高精度さを実現しています。その際、試験片とレシーバーまたは照明との間の距離の変動は、測定結果に対して顕著な影響はありません。この透過センサは汎用的に使用できるだけでなく、特殊なソリューション(カスタマイズ適応)にも適しています。

特徴
  • フィルム、ガラス、半透明の液体、フィルター、ペットボトル用
  • 透明な表面用
  • レシーバーとトランスミッターユニット間の最大距離 40 mm
  • 厳密な位置合わせは不要
Klapper_colorSENSOR_CFS4

反射センサは、CFOコントローラの性能と組み合わせることで、素材の表面特性をより正確に識別することができます。トランスミッターとレシーバーの測定配置が0°:0° なので、色をベースにした方法だけでなく、製品表面の反射特性と組み合わせて品質管理を行うことができます。これは例えば、ステンレス、スチール、錫、亜鉛、アルミ、真鍮、金などの色の異なる部品など、異なる素材を選別する際に必要となります。

特徴
  • 金属、プラスチック部品、ネジロック、コーティング、包装用
  • 個々の表面や光沢を含む直接反射用
  • 部品検出、仕分け作業、存在チェック、カラーチェック
  • 0.8mmからの微小な物体の検出
  • 作動距離 > 300 mm(反射面がある場合)

Micro-Epsilon Japan K.K.
10F Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
info@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258