ガスバルブ溶接の経路プランニング

自動溶接プロセスの品質は溶接を行いたいに対する溶接ヘッドの位置に大きく左右されます。わずかな誤差でも溶接結果に影響を与えてしまい、手作業での再加工や部品の不合格につながる場合があります。scanCONTROLレーザースキャナはシームのプロファイル測定に使用されており、困難な表面であってもシームの正確なプロファイル情報を捉えることができます。算出された溶接経路がコンポーネントの公差から偏差を排除するので、溶接ヘッドが常に希望のシーム上に配置されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258