油圧式飛び込み台の変位検出

マイクロエプシロン社のドローワイヤ変位センサは、飛び込み台が正確に位置付けられるようにします。そのために、高さを正確に測定します。これは、0.8 m~3.5 mの高さをプール縁部のコンソールから簡単に制御できる唯一の方法です。飛び込み台には、はしごの伸縮を検出するwireSENSOR WDS-P115シリーズのドローワイヤ変位センサが使用されます。これらの測定値を使用して、飛び込み台の現行高さがそれぞれ突き止められます。
課題は高い湿度、塩素含有の環境、そして多くの作動サイクルです。センサはこれらの課題を克服しなければなりません。そのために、マイクロエプシロン社の産業用ドローワイヤ変位センサ wireSENSOR WDS-P115が選択されています。この最先端の産業用センサは、広い測定範囲、堅固なアルミニウム製プロファイルハウジング、非摩耗エンコーダを装備した頑丈な構造により、過酷な環境でも精確な結果をもたらします。センサの設置も簡単です。標準モデルに加えて、塩水などの過酷な環境条件にも耐えられる、コーティングされたハウジングと防錆ステンレス鋼部品を使った特殊仕様もご用意しています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258