アルミダイカスト製カバーのたわみ/平面度

アルミカバーの鋳造後やシール表面のフライス作業前に、カバーの形を手作業で整え、OK/NOKの分類を行わなければなりません。この作業プロセスは非常に過酷な環境下(鋳造所)で行われ、これまで使用されてきた測定技術(プローブ)は磨耗度が高く、頻繁な交換が必要でした。この事例では、交換部品費用を最小限に抑えるため、お客様は非接触式で磨耗フリーの渦電流式測定システムを選択されました。この測定方式で成功を収めるのに特に重要だったのは、渦電流センサに3点リニアライズ(直線化)機能が備わっていることで、ターゲットの構造が非常に複雑であっても確実な測定値が得られるという点でした。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258