表面の欠陥検知

メーターパネルは外観への高い要求に加え、機能性と安全性への要求も満たさなければなりません。助手席用エアバッグがある領域で生産時にレーザーにより脆弱部を生成することがよくありますが、この脆弱部がレーザーで生成したラインに沿って割れることでエアバッグが安全に開くことができるものの、そのシンクマークは非常に小さい窪みであっても光の具合によってははっきり見えてしまいます。このシンクマークの検知に surfaceCONTROL を使用することで、表面がシボ状であってもスムーズであっても、表面の偏差について迅速かつ客観的な判断を行うことができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258