アルミニウムダイカストにおける金型変形のモニタリング

渦電流ベースでのインダクティブセンサによる金型変形のモニタリングは、高い製品品質を実現するだけでなく、ツールの耐用年数を延ばし、鋳造後の加工にかかる手間を最小限に抑えます。通常の場合、確実に均一なギャップ測定が行えるように、eddyNCDT 3005 シリーズの渦電流システムを3~4つ使用します。

システム1つにつき小型で堅固なコントローラが1台備わっており、ケーブルやセンサと一体化しています。統合されたシステムデザインにより堅牢性や外的要因への抵抗能力が向上するので、高温や埃、汚れや圧力といった産業環境からシステムが影響を受けず、環境に左右されることなく精度の高い結果が得られます。eddyNCDT 3005 は非常にコンパクトなので、いつでも追加的に機械へ統合することができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258