静圧軸受内でのオイルギャップのモニタリング

静圧軸受は、石材加工場やテレスコープ装置といった大規模なプラントの多くで使用されています。油圧装置内に不具合があると油圧が低下することがあり、最悪の場合はオイルギャップが無くなることで軸受が損傷し、プラントの停止につながることがあるため、ギャップサイズのモニタリングは極めて重要です。ここで大切なのは、古いプラントにも増備を行わなければならないことから、それが簡単に組み込めるシステムであるということです。さらに、プラントは寿命が長いうえに世界中に展開されているため、センサの交換も簡単にできなければなりません。こういった目的を実現するため、eddyNCDT 3001 シリーズの非接触式渦電流変位センサが使用されています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258