アキシャルピストンポンプでのギャップ分析

これまで、ポンプ内部でのギャップ測定はその要求が大変厳しいことから不可能でした。センサには高い回転数や、1000 bar までの圧力、100 °C を超える温度に対する耐性がなければならないだけでなく、ポンプが非常にコンパクトな構造をしているため、センサを統合するためのスペースが非常に限られていることがその理由です。しかし eddyNCDT シリーズのインダクティブ小型センサなら、フォームファクタがきわめて小さい上に圧力や温度への安定性も高いので、こういったアプリケーションに最適です。そのためポンプの評価を行うためのテスト装置でも、世界で最も高性能なシステムに数えられている渦電流式測定システム eddyNCDT 3300 が使用されており、ギャップをミクロン精度で測定して分析が行えるので、アキシャルピストンポンプの効率性を最適化することができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258