エンボス深度のモニタリング

車体フレームへの車体番号の刻印にはエンボスマシンが使用されますが、エンボス深度の偏差は必ず定義された許容範囲内になければなりません。エンボスツールのポジショニングを行う際、マイクロエプシロンのレーザー三角測量センサがエンボスツールと対象物間の距離を捉え、すべての文字が刻印された後はセンサでエンボスのプロファイルを計測するので、どのエンボスも確実に要求された深さで刻印を行われたと保証することができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258