車体内のシートエッジにおけるインラインでのバリ測定

塗装プロセスにおいて、後の腐食を防止するための継続的かつエラーフリーの腐食保護は不可欠です。バリに塗布された塗料の厚さの測定は非常に困難であるため、製造プロセスの早い段階で、それも腐食保護やその他の塗料を塗布する前に、バリを検知し取り除くことは決定的な利点をもたらします。
ランダムによる点検が可能な固定式ソリューションと異なり、マイクロエプシロンは scanCONTROL 2910-10/BL でのプラグアンドプレイシステムをご提供しています。レーザーライン上で約 8 µm という高い点分解能により、インライン測定においてもバリを検知するのに要求される精度を実現しています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258