コイルのエッジ

金属産業分野では、圧延された金属ストリップ材はコイルに巻いて輸送します。コイル巻きの直前と直後に、金属ストリップ材の位置とエッジの点検は欠かせません。これには光学マイクロメータoptoCONTROL が使用され、巻きつけまたは巻き戻し中にコイルのエッジが測定範囲内にあれば、そこから位置またはエッジの構造を検出することができます。この方法ではコイルを正しく巻きつけることができ、なおかつ巻き戻しの時点で金属ストリップ材の品質チェックも行えます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258