プラズマ切断前のコンポーネントの3D測定

巨大なドーム形状物を素早く、かつ極めて精確に完全自動で加工するには、生産ライン上でその形状と位置を高精度で正しく検知する必要があります。ドーム形状物の実際の寸法とCADデータに数センチの偏差が生じる場合がよくあるため、scanCONTROL 2900シリーズのレーザープロファイルセンサで加工前に寸法を測定します。
フォームファクタがコンパクトな上に、エレクトロニクス内蔵でハイスピードな測定が行えるので、マイクロエプシロンのレーザースキャナはインライン統合に理想的です。さらに、反射特性が様々に異なる金属製の測定対象物の場合でも、50 µm/mという非常に高い再現性を誇っています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258