同期リフトシステムでのリフト高さ測定

有用車両やレール車両のリフト時に、モバイル式リフトジャッキが使用されるケースがますます増えています。有用車両向けのリフトジャッキはコラムリフトとしてデザインされている場合が多々ありますが、レール車両はフレーム部分で持ち上げることが多いです。このリフトジャッキはいくつでも好きなだけ1つのシステムに組み入れることができますが、リフト動作を行う駆動部はジャッキごとに分かれているので、ジャッキの動作を完全に水平かつ振動のないものにするには、個々の駆動部を同期しなければなりません。このような場合は、ワイヤ式センサを使用して各ジャッキのリフト動作を測定します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258