スタッカクレーンのリフト高さ

数多く使用されている自動スタッカクレーンは、現代の倉庫管理にかかる負担を大きく軽減しています。自動スタッカクレーンはオートで長距離を走行したり、商品をミリメートル単位で正確に置かなければならず、この動きをモニタリングするために、最新の光学センサやワイヤセンサが使用されています。距離が最大 50 メートルまでであれば、ワイヤセンサの方がコストの低いソリューションです。それより距離が大きければ、タイムオブフライト測定により距離を測定するレーザーセンサが適しています。こういったセンサを使えば、距離を精確に測定して商品をぴったりの位置に置いたり、倉庫から取り出すことが可能です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258