アルミニウムインゴットの液面レベル測定

アルミニウム鋳造プラントでは、アルミニウム溶湯を型に流し込むことでいわゆるインゴットと呼ばれる小さなバーを製造します。インゴットの重量が常に同じになるように、型に流し込む溶湯の液面レベルは必ず一定でなければなりません。溶湯の量を測定するためのプラントでは液面レベルを非接触式で測定し、例えばオーストリアのプラント製造業社 Hertwich Engineering GmbH では、このタスクにレーザースキャナを使用しています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258