コイルの巻き出し

金属産業分野では、圧延された金属ストリップ材はコイルに巻いて輸送します。その後の処理時にコイルからストリップ材を解く際、どのくらいの量がすでに巻き戻されたのか必ずわからなければなりません。このタスクは光学レーザーセンサ optoNCDT ILR を使えば簡単に解決できます。このセンサはコイルの中心を向くように設置され、コイル表面への距離を連続的に測定します。コイルを巻き戻して解くことによりコイルの厚さが小さくなりますが、これはコイル表面からセンサへの距離が大きくなるのを検知することで算出されます。特殊アルゴリズムを使用し、コイルの厚さをもとに材料の長さを算出することも可能です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258