測定プロセスにおける振動ノイズのアクティブ補正

過酷な工業環境では光学変位センサに対する要求も高くなり、埃のある環境や高速プロセスにおいても高い測定精度が求められます。optoNCDT 1750 および optoNCDT 2300 シリーズのレーザーセンサはすでに長年に渡りこの課題をクリアしていますが、振動ノイズ(ベルトの動き、滑車の径方向の動き、基体の振動など)が測定対象物より大きいと、測定プロセスが困難になったり不可能になる場合があり、例えばベルト上のしわなどがこれに数えられます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258