非接触によるアルミニウムストリップの厚さ測定

アルミニウムストリップの厚さ異常を早期に検知するには、レーザー三角測量センサ optoNCDTが同位体測定システムに代わる新しい代替ソリューションとして使用されています。搬送されるアルミニウムストリップの上下で向かい合うようにしてセンサを設置し、ストリップの高さ位置に関係なく、両センサが互いの距離の信号を簡単に組み合わせて(F=Ref. - (A + B))物質の厚さを算出します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258