高精度なパイプ測定

パイプや接続金具、スリーブの点検を行う特殊検査システムの中では、これらをランダムサンプリングで選び寸法精度を検査します。プレート上に取り付けられた optoNCDT シリーズのレーザーセンサが縦軸を中心に回転し、レーザー光を90°の角度でパイプ内にある調節可能なミラーに反射させ、パイプの内側表面に当てることで測定を行います。それにより検査システムは、差分法で測定対象物の詳細な厚さプロファイルを作成します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258