抄紙機のカレンダーでのウェブエッジ(紙匹端部)検知

カレンダーは紙の製造時に使用され、最終製品での表面の滑らかさを高めます。ロール状態の紙を正しくガイドするには、正確なエッジ測定が欠かせません。これには、ロールのエッジ位置を高い精度で機械の制御に直接伝達するマイクロエプシロン製レーザーラインセンサが使用されています。このエッジ位置を測定することで同時にロールの幅も測定でき、センサがその測定情報を次のトリミングプロセスに送信します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258