反射表面の検査用3Dセンサ

表面の品質や外観に対する要求は、多くの分野でますます高まっています。特に光沢表面や反射表面ではエラーのない生産が前提ですが、多くの場合において部品の検査は手作業で行われており、検査担当者の疲労などによりミスが生じることがあります。

reflectCONTROLは、高い品質要求に応え、とりわけ光沢のある表面での高い品質を確保するために開発されました。このシステムは、デフレクトメトリに基づいてフリンジパターンを測定対象物に投影し、表面に欠陥があるとフリンジパターンにずれが生じるので、それをカメラで記録し、ソフトウェアで評価します。

特徴
  • 反射表面や光沢表面の検査
  • 微細な欠陥や偏差の識別
  • 安定した再現性での識別率
  • 高精度な測定、サブミクロン単位の平面度偏差
  • 170x160 mmの広大な測定フィールド

反射表面の3D測定用デフレクトメトリセンサ

reflectCONTROL RC130 は、反射性の表面を持つ部品の形状測定を目的に開発されました。センサがディスプレイにフリンジパターンを映し、それが被測定物の表面でセンサのカメラに反射します。このセンサは表面の3D画像を提供し、その画像をもとに部品のトポロジー(平面度、たわみ、曲率など)を判断することができます。RCS130モデルは、生産ラインなどでの測定や検査作業に最適なモデルであり、GigE Visionインターフェースが搭載されているので、GenICamに準拠した形でデータを利用することができます。

反射表面を持つ部品の表面検査

コントローラ内蔵のreflectCONTROL RCS110-245は、固定式の測定や機械への組み込み用に設計されています。コンパクトなセンサで反射面の凹凸を検出し、ソフトウェアで処理を行い反射率や曲率の画像として表示します。取得した表面画像は、GigE Visionを介して多数の画像処理ソフトウェアパッケージに転送し、さらなる処理を行うことができます。

便利なユーザーインターフェース

3D-Viewソフトウェアは、ReflectCONTROLセンサ向けに便利なユーザーインタフェースを提供しています。非常にユーザーフレンドリーなソフトウェアにより、センサの迅速なセットアップと評価が可能となっているので、とりわけパラメータの設定や最適化、測定対象物とセンサの正しいポジショニングを確実に行うことができます。また、異なる測定タスクのためにパラメータセットの作成と管理もでき、データ収集はこのソフトウェアから直接開始できます。取得した画像は視覚化され、保存してさらに処理することが可能です。特にシステムインテグレーターにとっては、3D-Viewソフトウェアにより重要な情報を得ることができるため、非常に有用です。

システムインテグレーターはGenICamのすべてのパラメーターにアクセスできるため、ソフトウェアの統合が非常に簡単になります。インラインアプリケーションでは、測定時間を表示することでサイクルタイムに関する重要な結論を導き出すことができます。

マイクロエプシロン3D-SDKを介したソフトウェア接続

reflectCONTROLには組み込みが簡単なSDK(ソフトウェア開発キット)が備わっています。このSDKは業界標準のGigE VisionとGenICamをベースにしており、以下の機能ブロックなどがあります:

  • ネットワークの設定とセンサへの接続
  • 豊富なセンサ制御
  • 測定画像の伝送制御
  • ユーザー定義のパラメータセットの管理
  • C++サンプルプログラムとドキュメント

また、GigE Visionを介したセンサへのアクセスは、GenICamクライアントを使えばSDKなしでも可能です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
10F Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
info@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258